6/19 名古屋大学の宇宙開拓フロンティア 博士課程のグローバルリーダー養成プログラムにて、「Communication Skills for Global Talents」を英語で講義しました。PhDを取得するためには、論文を読んだり英語で書いたりする必要がありますし、プログラム参加者には中国人やベトナム人もいて、話す・聴くも必須のようでした。

英語力が高ければ良いのではなく、ツールとして使って、「多様性を受け入れ、ロジカルに発表・主張できる」グローバル人材になるためには、何が必要かの講義をしました。エクササイズを交えた実践編い、一生懸命 参加してくれた生徒さん達。若い世代の成長をサポートできるお仕事は、素晴らしいと改めて思いました。

Nagoya